奥が深い!ウインドサーフィンの魅力について

奥が深い!ウインドサーフィンの魅力について

ウィンドサーフィン

ウインドサーフィンってどんなスポーツ?

ウインドサーフィンとは、サーフィンとヨットを組み合わせた、海上で楽しむスポーツです。ボードとセイル(帆)をつなげ、セイルに受ける風を動力にして水面を滑ります。サーフィンが「波に乗るスポーツ」なら、ウインドサーフィンは「水面で風に乗るスポーツ」だといえるでしょう。

泳げなくても心配なし!

ウインドサーフィンをしている間は常にボードに乗っている状態です。また、ウェットスーツやライフジャケットを着用するので、たとえ泳げなくも心配は不要。ウインドサーフィンのスクールもあるので、出来るかどうか不安・・・という場合は体験コースに挑戦するのもオススメです。

ウインドサーフィンの楽しみ方

ウインドサーフィンの最大のポイントは、海や風といった自然の恩恵を体感できること。ボードの後方だけが水面に接する「プレーニング」が出来るようになると、時速40kmから50kmほどの速さで海面を滑走出来るようになります。ちなみに現在の世界最高記録のスピードは、時速90kmです。

ウインドサーフィンは難しい?

マリンスポーツ未経験者だと、水面でボードに立つというところからスタートになるので難しく感じるでしょう。サーフィンとは違いセイルも起こさなければいけないので、サーファーでも苦労することが多い様子。まずは波も風もない水面で、セイルを起こしてボードに立つ練習から始めると早く慣れることが出来ます。